【まだ知らない?】誰でもわかる!仮想通貨って何なの?

そもそも仮想通貨って何なん?

「兄さん、なんでビットコインを買うならコインチェックがいいんだよ!?」のCMで一部の人から叩かれているらしい出川さん。

「ビットコイン取引量No,1のビットフライヤー。」のCMの別に叩かれてない成海さん。

f:id:camel7777:20171230000717j:plain

などのテレビCMだけでなく、テレビ番組内でもその名前が出てくるようになりましたね。

そんないまいち実態の掴めない、よくわからない仮想通貨。

そんな仮想通貨ですが、実はインターネットに次ぐ技術革新とも言われていて、専門家でもない僕たちがしっかりと理解し、知識を得ようとすると、かなり大変です。

ここでは「ビットコインって何なの?」とか「仮想通貨ってなんなの?」と、細かい技術的なことよりも概要を知りたい方のほうが多いと思うので、初めて聞いた方にもわかりやすいように単純に何?っていう所を紹介したいと思います。

仮想通貨って何なの?

で、その仮想通貨ってなんなのよ?って話ですが、今までの電子マネーに近いような存在で、手に取って触れる硬貨や紙幣があるわけではなく、データ上で管理される通貨(お金)なのです。

f:id:camel7777:20171221001100j:plain

例えば、アマゾンギフトカードを自分のアカウントに入金した場合や、イオンのワオンカードやSuicaなどに現金をチャージした場合は【データ上でお金の価値を持っている】が、硬貨や紙幣と違って手に取ってさわる事はできなくなりますよね?

仮想通貨とはそういったもので、【データ上で保有する通貨】であり、現物がないので、総称として仮想通貨と言われています。

こういった点で特に電子マネーと似た印象にありますが、その成り立ちが大きく違うのが仮想通貨がいわゆる電子マネーとの大きな違いであり、その違いがあるからこそ日本だけでなく、世界中で話題になっているのです。

ざっくり言うと、新しいシステムを使って作られた世界共通の電子マネーとでもいいましょうか。

この「新しいシステムを使って作られた世界共通の」と、言う部分が重要で価値があると言われている所以ですね。ざっくりしすぎですけど。

ビットコインが仮想通貨って事なの?

じゃあ、ビットコインが仮想通貨ってことなの?と思うかもしれませんが、実は仮想通貨はビットコインだけではなく、種類がたくさんあって今も新しいコインが世に送り出されています。

ビットコインとは仮想通貨の種類の一つであり、仮想通貨というのはそれらの全ての総称となります。

もっと簡単に言うとジャンルです(笑)【車】というジャンルの中に無数の車種があるのと同じようなものです。

電子マネーに言い換えると、電子マネーというくくりの中に、Suicaやワオン、nanaco等のいろんな種類があるのと同じようなことです。

じゃあ、なんで数ある仮想通貨のなかでビットコインばかりが言われているの?

仮想通貨の現状は【ビットコイン】と【アルトコイン】に分けられます。

この内、【ビットコイン】は1種類ですが、【アルトコイン】が無数に種類があります。

なんか不思議な感じですよね?

ビットコインが基軸となって様々なアルトコインが枝のように派生しているのですが、先ほど同様に、電子マネーに置き換えて説明してみると・・・。

ビットコインが日本円。アルトコインが電子マネー。というイメージになります。

日本円で電子マネーをチャージして電子マネーを持てるように

ビットコインでアルトコイン買うことでアルトコインが手に入る。

というシステムになっているんです。

f:id:camel7777:20180120040317j:plain

アルトコインはそれぞれ設計思想や特徴が異なり、それぞれに魅力があります。

近い将来、メジャーな通貨として使われていくものもあるでしょう。

お金なので、需要が高まればそれに合わせて価値も上がるので、「仮想通貨でお金が増えた。」と、いう事が起きるのです。

ここら辺は為替トレードと同じようなことですね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする