【仮想通貨】イーサリアム(Ethereum)の特徴であるスマートコントラクトとは何?

スマートコントラクトとは分散型のスマート契約プラットフォーム

スマートコントラクトとはブロックチェーン上に取引の契約内容を記録するプログラムです。

f:id:camel7777:20180211035427j:plain

つまり、今まで第三者機関(例えば法務局など)が契約の信頼性を担保していたものを、ブロックチェーンによる情報の透明性と信頼性で、第三者機関を通さなくても取引の信頼性と透明性を担保できる仕組みと言えます。

ビットコインと比べると、ビットコインは送金の記録をブロックチェーンに書き込むことで国などの管理者がいなくても信頼性や透明性が担保できる【通貨としての価値】があります。

それに対し、イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトでは取引の契約内容ごとブロックチェーンに書き込まれるので、管理者がいなくても契約そのものの信頼性や透明性が担保できるシステムになり、どちらかというと【通貨よりも契約のための価値】の方が意味合いが強いのです。

【たくさんある!!】仮想通貨で使われる用語まとめ!! – やっちゃえ仮想通貨

スマートコントラクト的な発想は実はとても身近

例えば、従来の契約とスマートコントラクトの違いのイメージとしてあなたが「ジュースを買いたい。」と思った時・・・

従来の契約の場合

・陳列しているジュースを持ってレジの店員さんに商品渡し、商品の金額と支払うお金を【レジの店員さん】に確認してもらうことで正しく商品とお金を交換して【買う】ことができるわけです。

スマートコントラクトの場合

・【自販販売機】にお金を入れてボタンを押すと自動で商品が出て正しく商品とお金が交換して【買う】ことができます。

自販販売機の方が早いし、コストも掛からないし、正しい金額で正しい商品が買える(購入という契約)のでメリットが多いですよね?

全国の自動販売機の数の多さがそのメリットを物語っていますね。

で、少し話を戻すと、ここで言う【レジの店員さん】が第三者機関、【買う】が契約、

【自動販売機】がスマートコントラクトになります。

ブロックチェーンではなく、もっと身近な例えでしたが、スマートコントラクトとはこういった事のためのプラットフォームなのです。

単純な購入だけではない応用の幅

先ほどの自動販売機の例のように、スマートコントラクト的な発想は結構、身近なところで使われているんですね。

自動販売機以外にも駅の自動改札やセルフのガソリンスタンド、預金口座の自動引き落としなど、単純な決済に関する部分は自動、無人化がかなり進んでいて、日々の生活に役立っています。

ただ、単純なことなら機械任せでもいいのですが、複雑な契約等になってくると、やはりどうしても第三者機関が必要になりますし、無人契約をするにもデータを送ったり書類を送ったりと、時間が掛かってしまいますよね?

そこで、契約内容自体をブロックチェーン上に書き込む【スマートコントラクト】のプラットフォームを使うことで、先ほどの自動販売機の例のように、第三者の監視がなくても内容が担保される契約が結べるようになる。ということなんですね。

このスマートコントラクトは応用の幅も広いですし、これから使うのが当たり前になるくらいにどんどん普及していくと思いませんか?

そのスマートコントラクトのプラットフォームがイーサリアム(Ethereum)なんです。

通貨としても使えているだけで、通貨っていうよりもプラットフォームとしての意味合いが強いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする