【仮想通貨の管理】コールドウォレットとホットウォレット。その違いとは?

コールドウォレットとホットウォレットとは?

コールド・ホットのどちらも仮想通貨を保管する、その名の通りに財布(ウォレット)のようなものです。

f:id:camel7777:20180127025946j:plain

仮想通貨を販売所や取引所で買ったあと、そのままにしている状態というのは自分の財布にお金を入れずに販売所や取引所に置きっぱなしにしているという事。
この状態では販売所などがハッキングされてしまったり販売所自体が無くなってしまった場合に自分の資産も一緒に亡くなってしまうリスクがあるのです。
とはいえ、毎回ウォレットから出して戻して、というのは短期売買をするのには手間ですよね?すごくわかります。
ですが、大事な自分の資産ですから、しっかりと管理するためにも一度検討してみてはいかがでしょうか?
では、コールドとかホットとか飲み物みたいなネーミングのウォレットの違いを紹介していきます。

コールドウォレットとは

コールドウォレットって何?冷たいの?とか思っちゃう名前ですが・・・
【仮想通貨を管理するためのキーをオフラインで管理する方法】のことを言います。

f:id:camel7777:20180127030416j:plain

メリットとしては【仮想通貨を管理するためのキーをオフラインで管理する方法】はオフラインなので、ハッキングされて盗まれるということはなくなるので、保管の方法としてはかなり安全です。
実際にハッキングの被害にあって盗まれてしまった事例が実際にあるので、「大丈夫だろう。」と軽く考えない方がいいと思います。
保管方法としては、【ハードウェアウォレット】での保管と【ペーパーウォレット】があります。
【ハードウェアウォレット】とは仮想通貨を補完するためのハードウェアウォレットを購入し、そのハードウェアに仮想通貨のキーのデータを移して管理します。
イメージとしてはゲームセンターにあるアーケードゲームのセーブなどに使うカードとかが近いですね。
データはサーバー上にあり、カードはゲームを始めるときに自分のデータをサーバーから呼び出すための鍵として機能します。
カードをなくしてしまった場合はそのデータは2度と使えません。
仮想通貨の場合も同じく2度と戻ってきません。
 【Trezor】や【LedgerNanoS】等があります。
また、Bancorのように自分のウォレットから直接売買する事も実現しています。
これがスタンダードになってきてくれると手間とセキュリティの両方のメリットがあるので普及が待ち遠しいですね。
【ペーパーウォレット】とは仮想通貨のデータをQR等として印刷して保管することをいいます。
こちらは完全に紙媒体となるのでハッキングも何もありませんね。
小切手などのようなイメージでしょうか。
ビットコインではBitaddress.orgというサイトで
イーサリアムはmyetherwallet.comというサイトでそれぞれペーパーウォレットを作ることができます。
デメリットとしては現金同様にハッキングの危険から守ることができますが、家事や災害などで紛失してしまったり破損してしまったり、現金と同じような物理的になくしてしまう点があり、また、盗まれてしまう可能性もゼロではないです。

ホットウォレットとは

取引所やブラウザ上のウォレットや、スマホのアプリのウォレットなどのことをいいます。

f:id:camel7777:20180127030016j:plain

メリットとしては入金や出金がすぐにできることと、現金のように物理的になくしてしまうリスクが低いという点です。
特にペーパーウォレットでは入金や出金が手間になってしまうので、短期売買をするにはストレスがなく使いやすいですね。
また、データ上での管理なので、ホットウォレット媒体が無くなってしまわない限りは火事になろうが災害が起きようがいつでもどこでもアクセスできる物理的な安心が魅力ですね。
逆にデメリットとしてはやはりハッキングの危険ではないでしょうか。
実際に数10、数100億円単位でハッキングの被害が出ていますし、自分たちではどうしようもありません。
実際にハッキングを受けて自分の資産がなくなってしまってもその金額が保証されるとも限りませんし、運営者が倒産などしてしまっても自分の手元に戻ってくることはないでしょう。
つまりホットウォレットは【リスクを自分で管理できない】というリスクがあるのです。

管理するにも分散を

コールドウォレットとホットウォレットのメリットとデメリットは相反するものともいえるので、目的に合わせて分けて管理することが大事といえます。
どちらにせよ、保有銘柄が増えるとコールドウォレット1つにすべてをまとめる事ができなかったり。ホットウォレット1つにすべてをまとめる事ができなかったりするので、秘密キーを忘れてしまったり紛失してしまったりしないようにすることが共通して言える一番大切なことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする